広島でフレンチランチ・個室のワイン・食事会ならビストロ・ド・イベントス

〒730-0017 広島県広島市中区鉄砲町9-6 株式会社イベントスコミュニケーションズへ
広島でフレンチランチ・個室のワイン・食事会ならビストロ・ド・イベントス
トップページ店舗情報ワインリストお料理セミナー情報スタッフブログ
background

ABOUT US

Welcome to 和飲家 ビストロ・ド・イベントス

Welcome to 和飲家 ビストロ・ド・イベントス
落ち着いた店内
白が基調の店内は、オープンカウンターで
落ち着いた雰囲気
毎日焼き上げるキッシュ
毎日その日に焼き上げご提供するキッシュや
月ごとに変わるココット料理は シェフ自慢のメニュー
新鮮な旬の素材
新鮮さにこだわり厳選した旬の食材を使用。
地元広島の食材を中心に素材の味を活かしております。
活気あふれるスタッフ
明るく元気なスタッフは、気軽にフレンチとワインを楽しみたい
というお客様をお待ちしております。

spacer

店舗情報

営業時間

平日

LUNCH

11:30〜15:00 (LO14:00)

DINNER

17:30〜24:00 (LO23:00)
土曜日

LUNCH

11:30〜15:30 (LO14:30)

DINNER

17:30〜24:00 (LO23:00)
日曜日

LUNCH

11:30〜15:30 (LO14:30)

DINNER

17:30〜23:00 (LO22:00)

定休日

毎週火曜日

店舗所在地

広島県広島市中区鉄砲町9-6

アクセスマップ
082(222)8252
FAX: (082)222-8253

席・設備など

席数 50席(カウンター席・テーブル席・個室)
個室 有 (16名まで)
駐車場

spacer

個室で貸切パーティーができます。

広島フレンチランチ個室ワイン食事会をお考えなら、和飲家ビストロ・ド・イベントスがおススメです。店内の個室は、貸切パーティースペースとしてもご利用いただけ、歓送迎会で、ワイン会で、女子会で…幅広くお使いになれます。
店内写真
店内奥の扉を開けると広がる
プライベートな個室
店内写真
6名から16名まで入れる多目的なスペースは、
歓送迎会などのパーティーに最適。

コースプランの例

¥3,000円プラン
鮮魚のカルパッチョ
本日のキッシュ
ガーリックバケット
いろいろお肉の盛合せ
もみじ豚の炭火焼き
デザート

(全6品)

コースプランの例

¥4,000円プラン
鮮魚のカルパッチョ
本日のキッシュ
ガーリックバケット
旬野菜のチーズフリット
いろいろお肉の盛合せ
牛ロースの炭火焼き
本日のパスタ
デザート
(全8品)

ドリンクプラン

フリードリンク ¥2,000(お一人様2時間制)
ワイン白・赤各2種類 エビス生ビール
ウーロン茶 オレンジジュース
ジンジャーエール グレープフルーツジュース

お問い合わせ


082(222)8252
ディナー、ランチのどちらも承ります。
オーダーはコースも通常メニューも可能です。
花束や、ホールケーキのご用意も出来ます。

spacer

経験と技術豊富なスタッフ

受賞履歴

2003 MHD Diageo Moet Hennessy Fine Wine Awards ワインリスト賞(全国優勝)

主催: MHD ディアジオ・モエ・ヘネシー株式会社
協賛:社団法人日本ホテルバーメンズ協会
社団法人 日本ソムリエ協会

「お客様に分かりやすい、ワインリストで営業している店」をテーマにリスト作りの観点から全国のレストランを対象とした審査。

2002Jardine by the glass Award
イタリア・ワイン賞(全国優勝)

主催: ジャーディン・ワインズ・アンド・スピリッツ株式会社
協賛:社団法人日本ホテルバーメンズ協会
社団法人 日本ソムリエ協会

イタリアワインについて「ワインのおすすめの仕方」をテーマに全国のレストランを対象とした審査。

2001Jardine by the Glass Awards
ベスト・ディスプレイ賞

主催: ジャーディン・ワインズ・アンド・スピリッツ株式会社
協賛:社団法人日本ホテルバーメンズ協会
社団法人 日本ソムリエ協会

ソムリエ紹介

川中 英章 川中 英章
ソムリエ資格
神経質、デリケート、ナイーブなはず??の魚座のA型。
1回当たりの摂取可能なアルコール量が多い為、テイスティングにはとても有利な体質。
世界中から、掘り出しワインを御紹介します。
原田 邦子 原田 邦子
日本ソムリエ協会認定ソムリエール No.3839
慎重、堅実派の典型的A型。
お酒は弱いけど、それだけに味の個性がわかるんです。様々な情報を分析して「やっぱりおいしい!!」っていうワインを求め続けております。

このページの先頭へ